年金にも広がる「格差の固定」

ここでは、「年金にも広がる「格差の固定」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケットバイク★新品!5点パーツ付お得商品4輪バギー49cc黒●人気商品

 最も深刻な格差は、あらかじめ与えられ、自分では克服できぬ固定された格差である

 前々回の当コラム(第10回 日本の「年金改革行き最終列車」はすでに出発した)で、「真の年金改革は現在の受給者の給付額を減らすことだ、と政府が正直に説明したら、既得権者である高齢者は改革反対、現状維持派に転じるだろう」と書いた。すると、当の既得権者である60代の方がたから、自分たちがするだろう反対の根拠を確かめたいのか、「その真の改革をしないとすると、年金制度はどうなってしまうのか」という質問をいただいた。

 では、お答えしよう。

 60代以上は、現在の規定通りの給付額を切り下げられることなく、逃げ切れる。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
だから、改革に反対する既得権者なのである。財源不足が誰の目にも明白になるのは現在の40代が受給資格を得る頃からで、その不足幅は世代が下がるにつれて拡大する一方になる。

 男性80年、女性90年の長寿を前にして不安がいや増すこの40代以降の人々は、その立場や収入によって影響も行動も異なってくる。年金は言うまでもなく、国民、厚生、共済の3種類である。このうち、自主納付である国民年金組では、保険料納付意欲がますます削がれて“脱退”が進む。高額所得者は自己防衛に走り、金融商品投資を拡大するだろう。
 総額26兆円の保険料の大多数を占める厚生年金組の保険料は給料天引きだから、財源不足で制度が空洞化しようと、逃げることはできない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
32歳オヤジが逆ナンパされた出会い場所!+モテコミュニケーション

32歳のオヤジが

逆ナンパされた場所と

その方法を教えます。

このレポートを読むことで、

32歳のオヤジが

逆ナンパされた場所と、

最強に出会える、

出会いの場所を知ることができます。

さらに…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5122-01b24e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。