現役ペンテスト技術者が選ぶ 使えるセキュリティツール(15) 「tcptraceroute」

ここでは、「現役ペンテスト技術者が選ぶ 使えるセキュリティツール(15) 「tcptraceroute」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【特価21%OFF!】幼稚園・小学校のお弁当・遠足・行楽の必需品!Yes!プリキュア5 GoGo!ステ...
このコーナーでは、現役のペネトレーションテスト技術者が、使えるセキュリティツールを、ペンテストの現場の視点から紹介します。

・名称 …… tcptraceroute
・配布制限 …… フリーウェア
・商用版の有無 …… 無
・類似ツール …… tracetcp
・DL URL …… http://michael.toren.net/code/tcptraceroute/
・対応OS …… Unix系OS
・分野 …… 経路調査
・コマンド一覧

(1) 基本項目と概要

この記事を読まれている方の中では「traceroute」という言葉をご存知の方が殆どだろう。「traceroute」とはホスト間のネットワーク上の経路を調査するコマンドで、ホスト間に存在するルータやフィアウォールなどのネットワーク機器をリストアップすることができる。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
Windows系OSやLinux系OSにも標準で付属しているコマンドバイナリであり、主にネットワークのトラブルシューティングに用いられる。
(Linux系OSのコマンド名は「traceroute」Windows系OSの場合は「tracert」であるが本稿では「traceroute」と統一する。)

今回は、このOS標準で付属しているものから一歩発展した「tcptraceroute」を紹介する。

(2) コマンドサンプル

本題の「tcptraceroute」の説明に入る前に、前提として「traceroute」の仕組みを簡単ではあるが解説したい。

「traceroute」は、TTL(Time To Live)というパケットの生存時間を利用している。

例えば、TTLに1という値をセットしたパケットを送出し、一つ目のネットワーク機器がそのパケットを受信した段階で1つTTLが減らされ0となり、そのネットワーク機器からは通常(*1)、ICMP Time ExceededというTTLの超過によるパケットの破棄報告のパケットが返される...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
32歳オヤジが逆ナンパされた出会い場所!+モテコミュニケーション

32歳のオヤジが

逆ナンパされた場所と

その方法を教えます。

このレポートを読むことで、

32歳のオヤジが

逆ナンパされた場所と、

最強に出会える、

出会いの場所を知ることができます。

さらに…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5160-a8c81d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。