Apple、Mac OS X 10.5.2 Updateを公開

ここでは、「Apple、Mac OS X 10.5.2 Updateを公開」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 【テレビ台★】 HAYAMI 【[TIMEZ]TV台】 TV-42BS
 米Appleは2月11日、Mac OS X 10.5“Leopard”のアップデート「Mac OS X 10.5.2 Update」を公開した。複数のセキュリティパッチ「Security Update 2008-001」も含まれる。

 更新の対象はMac OS X 10.5および10.5.1のユーザー。ソフトウェア・アップデートと単体インストーラが用意されている。

 AirMacの信頼性および安定性向上、「どこでもMy Mac」の他社製ルータサポート追加、Active Directoryドメイン問題修正、Finderをはじめとする主要アプリケーションの機能向上および不具合修正などが施された。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 セキュリティに関しては、SLPおよびSambaのバッファオーバーフローの問題、Time Machineのバックアップから削除したアプリケーションが起動してしまう問題、ターミナルの入力認証問題などが修正されている。

 Security Update 2008-001は、Mac OS X 10.4向けにも提供されている。
脆弱性修正のQuickTime 7.4.1公開
【Mac OS X】に関連する最新記事はこちら
【Apple】に関連する最新記事はこちら
【セキュリティ】に関連する最新記事はこちら
【Leopard】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5189-6cc9d3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。