国保負担能力で医療格差

ここでは、「国保負担能力で医療格差」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【三輪ポケバイバギー】ATVダート青白■新品 49cc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000000-cbn-soci
 国民健康保険(国保)料の滞納によって国保証を取り上げられ「資格証」を交付された被保険者の2006年度の受診率が、一般の被保険者と比べて「単純平均」で51分の1に止まっていることが2月20日までに明らかになった。年所得200万円世帯(4人家族)の年間保険料が収入の2割以上の約43万円に上る自治体もあり、高い保険料等によって国保加入世帯の約2割・約474.6万世帯が保険料を滞納する中、保険料を「払える」世帯と「払えない」世帯で医療格差が大きく広がってきている。

最大で344分の1の差
 国保は、医療保険加入者の約4割を占める最大の医療保険。しかし、保険料(税)の滞納世帯は年々増加傾向にあり、厚生労働省の07年6月1日現在の調べで加入世帯の18.6%に達している。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
また、保険料の納期限から1年以上滞納している世帯に交付される「資格証」(医療機関の窓口で10割を支払う)の交付数は、滞納世帯の7.17%(34万285世帯)となっている。

 こうした状況を重く見た全国保険医団体連合会(保団連、住江憲勇会長)の地域医療対策部会が資格証を交付された市町村国保被保険者の06年度の受診率調査を実施。秋田・茨城・東京・福井・山口・徳島・宮崎・沖縄の1都7県を除く39道府県の国民健康保険中央会(国保連)が回答した。

 調査の結果、資格証の交付を受けた被保険者の受診率(推計)は、一般被保険者の受診率と比べ、最大で344分の1(山梨県)、最小で18分の1(青森県)の開きがあった。39道府県の一般被保険者の受診率と、資格証を交付された被保険者の受診率について、それぞれの受診率を足して39で割ったもので乖離(かいり)を見た「単純平均」では51分の1となった...

ニュースの続きを読む




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
中古車を最もお得に買う方法と誰も語らない中古車業界の裏側

あなたは中古車業界の裏側を知っていますか?
払わなくてもいいお金を払っていませんか?
このレポートでは、中古車を最もお得に、安全に買う方法と
誰も語らない中古車業界の裏側を暴露しています。
事故歴・修復歴の簡単な見分け方も紹介してい…

大暴露 中古車を 格安で手に入れる方法

中古車を 格安で手に入れる方法を紹介してます。
お買い替えを検討中の方必見のレポートです。中には市価の30万円引きの・・・中古車も多数あります。
ほとんどのユーザーが知らない情報です。
しかも 見積もり無料 購入前に読んでください。










Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5215-25bfca56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。